FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

知らないと損!FXインジケーターの正しい使い方って?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
ルールをきちんと確立して、ルール通りにトレードしよう!とよく言っている私ですが、インジケーターを使うルールの場合、実はコツが必要です。どんなにルールをきちんと守っても、インジケーターの使い方が間違っていると、残念ながらなかなか勝てるようにはなりません。

インジケーターの使い方・・・ちゃんと合ってる?

私がFXを始めたばかりの頃、『インジケーターというものは、サインに従ってトレードしていればきっと勝てるものなんだ!』という思い込みがありまして・・・ひとつのインジケーターを妄信してトレードしていたのですが・・・全然勝てませんでした。

実は、どんなに優れた(=使い方によってはとても勝率が高い)インジケーターにも、必ず苦手な相場というものが存在します。たとえば、MACDはレンジ相場に弱いとか、強いトレンドが続くとオシレーター系は使えないとか、どのインジケーターにも必ず相場の得意・不得意があるわけです。

つまり、どういうことかというと、どんなに素晴らしいインジケーターを知っていても、使うべき相場の流れが分かっていないと、なかなか成果が出ない、ということ。

具体例を挙げると、たとえば、トレンド相場では的確なエントリータイミングを知らせてくれるMACDも、ボラティリティ(=流通量)の低いレンジ相場ではダマシを頻発する。そこで真面目に『MACDが上昇を示唆しているから、買いだ!』『さっきのはダマシだったけど、まだレンジ相場だけど、今後は下降を示唆しているから売りだ!』なんて毎回やっていても、なかなか勝てるようにはならないんです。

インジケーターが使えるかどうか、相場を見て判断する!

じゃぁどうすればいいのか?答えは簡単です。相場を見極められるようになること。『今はどんな流れなのか?この流れは変わりそうなのか?それともまだ続きそうなのか?』・・・相場の流れをきちんと見抜ける相場観があれば、『この相場ならこのインジケーターがちゃんと機能するはず』とか『この感じだと、今はまだこのインジケーターを使うべきじゃないな・・・』など、自分で判断することができるようになります。

例を挙げると、たとえば、急激な値動きによってトレンド転換のサインが出たとしても、あくまで一時的なもので、往ってこい(=一方的な値動きをしたあと、反転してもとの価格帯にまだ戻ってくること)になる可能性が高いのなら、素直にトレンドフォローでエントリーしちゃいけないわけです。

ひとつのレンジ相場やトレンドがずっといつまでも続くことはないので、たったひとつの手法やインジケーターで、永遠に勝ち続けることは困難です。でも、逆に言えば、相場の見立てさえできれば、相場に合ったインジケーターを使うことで、うまくトレードすることができます。

木を見て森を見ず。インジケーターに固執しすぎず、全体の流れを必ず見てトレードするよう心がけたいですね。


Comments are closed