FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXって年末年始やクリスマスもトレードできるの?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
今日はクリスマスイブ!なんてロマンチックなんでしょう。もうすっかり年末ですね。

年末に関係なく、ガッツリトレードしたいところですが、年末年始はクリスマスホリデーシーズンで、取引量がガクッと少なくなるので、トレードにはあまり向きません。同じように、毎年8月頃も、日本だとお盆、海外だとバカンスシーズンで市場参加者が減るので、やはり取引量が少なくなります。

年末年始・クリスマスとFX相場の関係

年末年始やクリスマスで取引量が少ないと、なぜトレードに向かないかというと、通貨の流通量が少なくなって、ボラティリティ(=相場の変動幅)が小さくなったり、大口注文などが入った場合に値が跳びやすく、予測不可能な突発的な動きが増えることが多いから。ちなみに、マイナーな通貨が一般的にあまり人気がないのもこれと同じ理由で、普段から流通量が少ないために相場が読みにくく、トレードしづらいからです。逆に、ユーロドルなどは、流通量が大きく、適度にボラティリティもあるので、取引しやすい通貨だといえます。

というわけで、初心者さんには特に、年末年始の無理なトレードはオススメしません。当たり前ですが、FXは時給制じゃないので、どんなに長くチャートに貼りついていても、稼げるとは限りません。たとえば、『今日はまだ全然エントリーできてない!まずいな、ちょっとこの辺で軽くエントリーしておこうか・・・』なんて感情的な動機でエントリーしてしまうと、ほとんどうまくいきません。

FXはむしろ待つことのほうが大事。無駄な負けトレードが減らせれば、必然的に勝ちトレードの割合が増えて、トータルで勝ちやすくなりますから。勝てる相場ではひたすらトレードし、そうでない相場ではひたすら待つ。本当に単純なことですが、これがFXで勝ち続けるコツだと思います。どんなプロでも『24時間365日どんな相場でも勝てます!』なんて人はいないはず。と、分かってはいるものの、クリスマスや年末年始も、おそらくチャートを眺めて、チャンスがあればエントリーするんだろうな、私・・・笑


Comments are closed