FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXのシナリオはこう考える!正しいエントリーのシナリオって?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
FX検証方法の記事で、サラッと『シナリオが~』なんて話しましたが、いきなりシナリオを描く事が大事なんて言われても『え、なんのこと?』って感じですよね。笑 今日は、FXでエントリーする前に、どうやってシナリオを組み立て、どんなふうにトレードしているのかまとめてみます。

FXでエントリーする時のシナリオって?

どんなトレードにもエントリーの根拠があります。たとえば、ルール通りのエントリー、つまり決められたルールを守ってエントリーする優等生タイプのエントリー。または、新手法など、検証したり試すためにエントリーする訓練生タイプ。さらに、単なる直感・思いつきや『なんとなく』で、ついついエントリーしてしまうなんとなくタイプなど、いろいろありますが、性質は違っても、どのトレードでもエントリーする理由(=勝てると思える見込み)があって初めてエントリーしているはずです。

この『エントリーの根拠』からスタートするのがシナリオで、全体の流れはこんな感じ。
エントリーの根拠
利確(=利益確定)するまでの相場の動き
損切りする場合の相場の動き
・利確/損切りするタイミング
これらを全部ひとまとめにして、私はシナリオと呼んでいます。

エントリーシナリオの立て方

先ほどのシナリオの流れを、まずはエントリーする前に頭の中で描きます。たとえば、『上昇トレンド中だから順張りでエントリーして、想定通りこんな風に動いたらこのタイミングで利益確定。逆に、もしうまくいかずに反転して、このインジのサインが出たら損切り。』といった具合です。エントリーの根拠が明確であればあるほど、トレード中に悩まなくて済み、スマートに取引が出来ます。

ところが、『なんとなく』直感で、エントリーの根拠が曖昧なままポジションを持ってしまうと大変です。『なんとなく』で利益が出せればいいですが、思ってたのとは反対の方向に相場が動いてしまった場合、本来は損切りするべきなのにも関わらず、『確かにこのインジはもうサインが消えてるけど、こっちのインジはまだ上昇のサインだし・・・』とか、『この前もこんな風になって損切りしたけど、あとからまた上昇してたし・・・』などと、エントリーの根拠をすりかえて損切りができなくなってしまい、塩漬けや損大利小になってしまうことも。というか、私が昔そうでした。これをやってしまうと、ハッキリ言ってアウトです。

他のせいにしない、エントリーには最後まで責任を持つ

インジケーターって実はどんなサインでも出せます。MACDでは下降だけど、移動平均線はまだ上昇している、なんてしょっちゅうありますし、最悪パラメーターをいじってしまえば、ホントにどんなサインでも出せます。大事なのは、自分に都合のいいインジケーターのサインを探すのではなく、どんな根拠で、どんなシナリオを描いてトレードするか、しっかりと最後まで責任を持つこと。

また、しっかりシナリオを持ってトレードしていれば、自分の見立てが間違っていたのか、見立ては悪くなかったけど、たまたま相場が想定外の動き方をしたのか、そもそも入ってはいけない相場だったのか・・・など、後からいくらでも検証することが出来ます。FXは『なんとなく』トレードでは上達しません。エントリーの際には、必ずシナリオを描くようにしましょう。


Comments are closed