FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

トレンドラインって意味あるの?知らないと損するFX3つのポイント

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
あなたは、チャートにトレンドラインやサポートライン・レジスタンスラインを引いていますか?私は、以前はかなりきっちり引いていたのですが、今ではほとんど引かなくなりました。理由のひとつは、頭の中でトレンドラインを引けるようになったから。そして他の理由は・・・。今日は、トレンドラインに関するお話です。

1.短い時間軸のトレンドラインにはあまり意味がない

私は以前、日足、4時間足、1時間足、15分足・・・さらには5分足まで、ありとあらゆる時間軸でトレンドラインやサポレジ(=サポートライン・レジスタンスライン)を引いていました。それぞれの時間軸で、きっちり相場の流れをつかんでおくためです。

しかし今では、特に短い時間軸では、全くと言っていいほどトレンドラインを引きません。なぜなら、短い時間軸で引いたトレンドラインは信頼性が低く、アテにならないことが多いからです。

確かに、日足で長期間のトレンドラインや、強力な抵抗帯となっているサポレジを越えた場合(=ラインブレイク)、相場の流れが変わって、動きが反転することもあります。ところが、これが短い時間軸になってくると、なかなか反転しない。たとえば、5分足でラインをブレイクしたからといって、必ずしもポーン!と一気に突き抜けるわけではなく、むしろ何事もなかったかのように同じ動きを続けることの方が多い。スピードが求められる短い時間軸では特に、ラインブレイクの見極めって難しいんです。

2.トレンドラインピッタリに反応するわけではない

それなら、長い時間軸で引いたラインで勝負すればイイじゃん!と言いたいところですが、ラインを単純に『越えた、越えない』で判断するのはオススメしません。なぜなら、トレンドラインやサポレジを何pipis越えたらラインブレイクが起きる、という保証は全くないからです。

これも私、最初の頃は律儀に、『このラインを越えた!今だ!』とばかりにエントリーしてみたり、『ラインを越えて、かつ勢いがあるときだけエントリーしよう!』と思って飛び乗ったり、様々な方法を試しました。でも、結論から言ってしまうと、ラインブレイクの瞬間を見極める方法なんて無いんです。笑 あとから『ココでブレイクしたんだね』とわかるというだけ。これについては、別記事でまた詳しく書きます。

3.トレンドラインのブレイク狙いは難しい!

もうお気づきかと思いますが、そう、私最初の頃はラインブレイクばかり狙っていました。『このラインを下抜けたから、これはトレンド終わりのサインだ!』とか『レジスタンスを越えた!一気にレンジブレイクが来るはず!』とかね。

ところが、これ、うまくいきません。なぜなら、レンジブレイクはトータルで負ける可能性の方が高いから。今『ウソだ!』って思ったなら、ぜひ実際に検証してみてください。抵抗帯はそう簡単には抜けないようになっていることが分かると思います。

レンジブレイクは必勝法だと本気で信じていた私は、ずいぶん長い時間が経って、検証をだいぶ重ねてからやっと、使えないことに気づきました。笑 そう、レンジブレイクが使えない手法である以上、ラインをいくら頑張って引いても役に立たないのです。

とはいえ、ラインが役に立たないのは、あくまでラインブレイク・レンジブレイクを狙う場合の話。実際には、日足や1時間足のラインは、利確や損切りの目安として使えますから、ちゃんと大事にしてあげてくださいね。


Comments are closed