FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

何度もエントリーしてしまう・・・ポジポジ病がやめられない

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
ルール通りにトレードしなきゃいけない、それはわかってる。でもルールを守るには、エントリーチャンスが来るまでじっと待たなきゃいけない。待ち時間が長すぎて、ついつい関係ないところでエントリーして、あ、また無駄なポジションを持っちゃった・・・

FXをしている人なら誰もがこの、いわゆるポジポジ病の経験があるんじゃないでしょうか。

FXはトレードより待ち時間の方が長い。それが当たり前

以前、午前中の相場を見れば、その日の流れが分かる!?という記事で、19時頃からやっとトレードを始める日もある、と書きましたが、相場によっては、1日を通してほぼ全くエントリーチャンスがない日もあります。また、ヨーロッパ市場・NY市場が休場、またお盆や年末年始など、明らかに動き(ボラティリティ)がないだろうと予想される日は、最初からトレードをお休みにすることもありますが、相場が荒れていたり、大きく動いた日の翌日だったりして、『いつエントリーチャンスが来るかわからないけど、いつか来るだろう』という日は、じっと待つしかありません。

基本、自宅でトレードするのでPCはつけっぱなし。PCで他の作業(ブログや検証)をする場合も、2台のモニターでチャートを表示させたまま、さらに他の作業に集中したい場合はアラート(=特定の価格やインジケーターのサインに合わせて音が鳴るようにする)をかけてひたすらじっと待ちます。

以前は、私も例にもれなくポジポジ病に陥りましたし、今でも、待ち時間が長いときなど、『ルール外だけど、ココで入ればきっと取れるよなー』なんて思いながら何もできず、チャートを指をくわえて見ていることだってあります。笑 でも、やっぱり経験上、検証していないルールは使わない方がイイ。確かに思いついた方法でいきなりトレードして、たまたま上手くいくこともありますが、それはホントにたまたま。そんなことを続けていても、昨日の彼女みたいになっちゃいます。

FXは待つのが仕事!くらいに思って、じっくり待つくらいがちょうどイイ。無理なエントリーを減らせば、負けトレードが減る。負けトレードが減れば、成績が上がる。成績が上がれば、『無駄なエントリーのせいで負けてたんだ』と実感することができ、結果的にポジポジ病ともおさらばです。FXは心理戦。感情を理性で押さえこむことができなければ、FXでは勝てません。ツライこともありますが、その分勝てたときの喜びもひとしおです。


Comments are closed