FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FX初心者にスキャルピングは向いてない!え、なんで?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
ほとんどの個人トレーダーは、デイトレーダーだと思います。私自身、長期で持っているポジションや、たまにスイングトレードをすることはあっても、基本的にはスキャルピングかデイトレです。

FXを始めたばかりの頃や、資金に余裕がない時には、大きな逆行(=含み損、ポジションを持った状態でマイナスになること)に耐えられないので、多くの個人投資家は必然的に最初はデイトレードになることが多いと思うのですが、ここで私が声を大にして言いたいこと。それは・・・

いきなりスキャルから始めちゃダメ!

『上がるか下がるか、正直よく分からないけど、思い切って・・・エイ!』
エントリーしたはいいものの、どんどんマイナスになる。
『まだ大丈夫。きっと戻ってくるよね?・・・アレ?戻ってこない。あれれ?』

相場は予想なんてできませんから、エントリーした瞬間から、思っていたのと真逆の動きをするなんて日常茶飯事です。そもそも、スプレッド分が引かれてからスタートするのですから、最初からマイナスになるなんて当たり前。

でも、エントリーしたら即マイナスっていうのは、精神的にかなりキツイですよね。利益が少しでも出たら、すぐに利確(=利益確定、利が乗った状態で決済すること)したくなって、ついつい損大利小に・・・なんて、FXをしている人なら、誰もが経験していることだと思います。

もちろん、スキャルピングは、慣れればとても便利な手法です。特に私のようにせっかちな人には・・・笑。すぐに結果が出るところや、チャンスが多い分、上達スピードが早いという意味では、スキャルピングってとても魅力的なんです。

ただ、スキャルピングのコワイところは、一瞬の判断の遅れが命取りになるということ。FXは、『将来的に上がるか下がるか?』を言い当てることはできても、『いつ上がるか下がるか?』を予想するのは、プロでも至難のワザです。つまり、日足より1時間足、1時間足より5分足の方が、長期的な見立てがきかない分、勝つのは難しいということになります。

流れを読むのが難しい、しかも素早い判断が求められるスキャルピングを、いきなり初心者が始めるのは、ハッキリ言って自殺行為。エントリーしたそばからマイナスになって焦る気持ちは、痛いほどよく分かりますが、まずはデイトレードで、大きな流れを掴みながらトレードすることをオススメします。


Comments are closed