FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

【このはのFX手法】素直に順張り!エントリーのタイミングをチェック

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
トレードの腕を上げたいなら、○○帯に注目!の中で、相場の節目、抵抗帯を、利食いや損切りの目安にすると書きましたが、今日はその具体的な方法のお話です。ちなみに、前回相場の節目、抵抗帯の考え方とは、逆の考え方になります。

前回は、損切り幅を小さくするために使う手法として、抵抗帯の反発を利用して、抵抗帯に近づいたら逆張りでエントリーするという方法を紹介しましたが、今回は、『ココまでは動くよね』という、抵抗帯までの値幅を意識したエントリー方法です。簡単に言ってしまうと、レンジ相場での逆張り手法というイメージ。でも、レンジに限らず、強い抵抗帯があれば使えます。

たとえば、チャート上で、上の方に強い抵抗帯がある。ただし、どの時間軸で見ても上昇トレンド。つまり、方向的にはロングで入りたいけど、強力な値段帯がある=そこで反発するだろうから、なかなか入れない・・・

こんなときは、値動きの様子を見ながら、5分足上で上昇トレンドが発生した瞬間に、ロングでエントリーします。そして、抵抗帯まで伸びたら、利食い。前回と違うのは、順張りか逆張りか、ってとこですね。この場合も、もちろん損切り幅が最小になるようなタイミングでエントリーするのがベスト。それが難しければ、損切り幅に対して、抵抗帯までの幅が大きい(=見込める利益が大きい)場所でエントリーし、かつすべての時間軸で同じ方向性が揃ったときに入るようにするとイイです。

どんな手法にも共通して言えることですが、エントリーするときには、極力トレンドには逆らわないのが鉄則です。上がるか下がるか2分の1、ではなく、トレンドが発生しているときには、トレンドの方向に動く可能性の方が高いのですから、これを守らない手はないですよね。逆張りする場合は、前回のように強力な値段帯の手前でのスキャルピングで、利幅はあまり欲張らないようにしましょう。


Comments are closed