FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

【このはのFX手法】トレードの腕を上げたいなら、○○帯に注目!

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
今日は、私がいつもチェックしているとっても大事なサイン、相場の節目抵抗帯のお話です。

チャートをよーく見ていると、『あれ?ここの値段だけなかなか超えないな』とか『何度も同じ値段で反発しているな』って気づくことがあります。いえ、正確には、こうした節目というのは、日足、1時間足、5分足、どの時間軸のチャートを見ても、必ずといっていいほど存在します。

そして、この『なかなか超えられない値段』こそ、強力な抵抗帯、つまり相場の大きな節目なんです。ちなみに、この抵抗帯、時間軸が大きくなるほど、抵抗力も大きくなります。たちえば、トレンドラインって、5分足で引くよりも、1時間足や日足で引くほうが、信頼度が高まりますよね。それと同じで、抵抗帯も、大きな時間軸のものほど強力な抵抗帯、ということになります。

よく、ボックス相場(=レンジ手法)や、サポレジ手法(=サポート&レジスタンスを利用するトレード手法)で、この抵抗帯と同じものを意味する、真横に引いた(=トレンドラインではない)サポートラインレジスタンスラインを参考にしたりしますが、実は、相場の状況にかかわらず、この抵抗帯ってかなり使えるんです。

具体的にどうやって使うのかというと、私は利食いや損切りの目安にしています。たとえば、エントリーするときに、『この抵抗帯までは伸びるだろうから、この辺で利食いしよう』とか、『すぐ近くに抵抗帯があるから、ここまで逆行(=見込みと逆の方向に動くこと)したら、損切りしよう』という風に使います。

さらに、抵抗帯がしっかり頭に入っていると、相場が大きく動いたり、強すぎるトレンドが発生したときに、『これはちょっと勢いがありすぎるから、様子見しよう』という判断に使うこともできます。

ちなみに、この抵抗帯ですが、厳密にピッタリこの値段!という見方はしません。同じ抵抗帯でも、多少ブレたり、ヒゲとなってハミ出したりすることもあるからです。そこは『キッチリしたい本来の性格』を抑えて(笑)、アバウトに見るようにしています。

この抵抗帯の考え方、節目を考慮した相場の見立て方で、トレードの精度は上がるので、ぜひ意識してみてくださいね。


Comments are closed