FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXでエントリーする瞬間、ストーリーを描けてますか?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
今日は、エントリーするときの『見立て』の話をしようと思います。

ルールは必要、でも・・・

トレードにはルールが必要です。インジケーターでも、トレンドラインでも、サポレジ(サポート&レジスタンス)でも、何でも構いませんが、『この条件でエントリー、ここまで伸びたら利食い、ここまで来たら損切り』これだけは、必ず最初に決めてからエントリーしましょう。

私が最初の頃によくやった失敗が、根拠のないエントリー。チャートを見てると、『“なんとなく”こう動きそうだなー』とか、『こんなふうになる“気がする”!』っていう、“なんとなく”気分になりませんか?私は今でもしょっちゅう思います。笑

でも、トレードはしません。初期の頃に大金を溶かして、根拠のない裁量トレードはバクチでしかない、っていうことに身を以って知ったからです。

ただ、ルールを決めてトレードするといっても、ロボットのように、あまりにもルールに忠実にトレードするのは、長期的にはオススメしません。
え?じゃあどうするの?って感じですが・・・

ストーリーを加える

どうすればいいかというと、最初の頃は、まずは小さなロットで、とにかくたくさんエントリーするんです。勝っても負けても気にせず、淡々と機械のように。それをずっと続けていると、だんだん『こういう流れのときは入らないほうがイイ』っていうのが分かるようになってきます。

次は、『こういう流れ』を自分の中で明確な根拠として使います。『今はこういう流れだから入らないけど、流れが変わったら入る』とか、『最初はこういう流れだったけど、相場の流れが変わってちゃったから、早めにイグジットする』とか。

淡々と機械のようにトレードするよりも、手法ごとに合う相場、合わない相場を使い分ける方が、より勝ちやすくなります。私は、勝ちやすいのは、初心者<シストレ<上級者だと思ってますし、私が知る限り、実際そうです。

ただ、『こういう流れ』っていうのは裁量の部分でもあるので、ストーリーを描けないと、ダラダラトレード、運任せのトレードになりかねません。まずは、ルール通りのトレードをマスターして、きちんと使いこなせるようになったら、より勝ちやすくするためのアレンジを加えていく・・・今でも、新しいルールを見つけたら、毎回この繰り返しです。


Comments are closed