FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

小学生でもわかる!FXボリンジャーバンドのやさしい使い方

Posted in:

今日は、私のチャートに欠かせない、ボリンジャーバンドのお話です。
ボリンジャーバンドってこんなやつ↓

borin_01

ボリンジャーバンドって?

移動平均線と、その乖離率をそれぞれ1シグマ(真ん中から数えて1つ目の線)、2σ(2つ目の線)、3σの線(一番外側の線)で表したものです。上から順に+3σ、+2σ、+1σ、MA(移動平均線)、-1σ、-2σ、-3σと呼びます。難しい計算式や由来の解説は、トレードには重要ではないしメンドクサイのでここでは省きます。

ほとんどの値動き(ローソク足)は、ボリンジャーバンドの中にすっぽりと納まります。(上下1σの間に値動きがとどまる確立は68.3%、上下2σ間で95.5%、3σ間で99.7%・・・とにかく、ローソク足は基本この中を動くよってこと)

上の画像を見ると、バンドが開いたり(拡散・エクスパンション)、縮んだり(収縮・スクイーズ)していますね?この形に注目です。

・バンドが大きくなる=トレンド発生、突発的な動き
・バンドが小さくなる=レンジ状態、取引量低下

ボリンジャーバンドがあると、相場の状態がグッと分かりやすくなるってわけですね。

ボリンジャーバンドを使った手法

それでは、ボリンジャーバンドを使って簡単にトレードをしてみましょう。ここでは、トレンド発生時レンジ中バンドウォーク終わりの3パターンを紹介します。

1.トレンド発生時

トレンドフォローの手法です。これはユーロドルの5分足ですが、全体の大きな流れ(この場合は上昇トレンド)に対して順張りで行います。

borin_trending_02

1.+2σを越えたらエントリー。この場合は買い。
2.移動平均線を割り込んだら、決済or損切り。

サクッと抜きたいなら移動平均線に触れるまで、利を伸ばしたいなら移動平均線を完全に割り込むまでねばります。

2.レンジ

レンジで動きがあんまりない・・・そんな時は、ボリンジャーバンドの“バンド内に納まる”性質を生かしてトレードしてみましょう。

borin_renge

1.上下2σを越えたらエントリー
2.反対側の2σまで戻ってきたら決済
3.上下2σを越えたあと、そのままトレンドが発生したら損切り

小さくちょこちょこ抜いていく方法です。欲張らず、予想しすぎず、機械的に淡々とこなします。

3.バンドウォーク終わり

ドル円の5分足。強い上昇トレンドが発生しています。こんな風にローソク脚がバンドの端にはりついて動くことをバンドウォークと呼びます。バンドが追いつかないほど、強い動きってことです。こんな風に強いトレンドが起きたら、終わったあとの反発を狙ってみましょう。

borin_trend_02

1.バンドウォークが終わり、+1σを割り込んだら、売り。
2.反転して-1σを越えたら、決済。(粘れそうなら-2σで決済)
3.バンドが収縮してエントリーポイントと-1σが同じ位置に来てしまったら、損切り。

突発的な値動きのあとには、たいてい反発が起きます。そこを狙うやり方。全体のトレンドに対して、逆の方向にバンドウォークが起きたあとに狙うと、値が戻りやすいので成功率が高いです。ただ、エントリーのタイミングが遅すぎると大きく取れないので、入り方がとても重要ですが、練習すればだんだんタイミングが分かるようになります。

ボリンジャーバンドを使った手法は、相場の状態をよく見極めてから使うこと。トレンド発生中にレンジの手法を使ったり、レンジ中にトレンド発生の手法を使っても、成果は上がらないので注意。ただ、この手法は相場を見極める力が身につくので、知っていてソンはないですよん。

いかがでしたか?ボリンジャーバンドを使ったトレードは分かりやすく、初心者にもオススメの手法。ぜひ練習してみてくださいね。


Comments are closed