FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

今さら聞けない・・・移動平均線ってなんだっけ?

Posted in:

移動平均線ってなに?MA、EMA・・・いろいろあるけど、どれが正しいの?どうやって使うの?よくわからない!
ほとんどのチャートに表示されている移動平均線。基本中の基本、ちゃんと理解できてますか?

『移動』した値動きを『平均』して結んだ『線』

移動平均とは、期間内の終値をすべて合計して割ったもの。まさに言葉そのまんまの意味のインディケーターです。たとえば、25日移動平均線なら、直近の25日の終値を足して25で割った数値。5分足の25移動平均なら、直近の25本(=2時間5分)の平均値のことです。決まった期間内の平均値・・・ということは、ローソク足一本でもズレると、平均値も少しズレる。このズレ(平均値)を線で結んだものが移動平均線です。

MA:移動平均線。ほとんどの場合SMAのこと。
SMA:単純移動平均線。25にち移動平均線なら、直近の25日のみの数値を使う。
EMA:指数平滑移動平均線。過去のレートよりも現在のレートを重要視する。

なんだか小難しいですね。要は、SMAよりもEMAの方が、今の値動きに敏感ってことです。たとえば、EMAは上を向き始めたけど、SMEはまだ横ばいのまま・・・なんてことがよくあります。EMAの方が今の値動きの傾向をわかりやすく示してるってことです。

ちなみに、20MAとか75MAとか、アルファベットの前につく数字は『期間』を表します。25MAなら25日移動平均線、20EMAなら、20日指数平滑移動平均線って意味です。

移動平均線でかんたんトレード

移動平均線だけでトレードするなら、基本はトレンドフォローです。
下のチャートはドル円の日足です。移動平均線(緑:5MA オレンジ:25MA 青:75MA)を表示しました。2012年末からの大相場では、25MAと75MAのクロスをエントリー&決済(or損切り)というシンプルな手法で、大きく利が伸ばせたことがわかります(レンジ相場ではダマシが頻発することもあります)。

ma_01

私は、中長期で大きくトレンドフォローするならSMA、デイトレで小さなトレンドを押さえたトレードをするならEMAと、トレードスタイルによって移動平均線を使い分けています。また、他のインディケーターとの相性もあるので、単純なようで実は奥が深いのが、移動平均線の面白いところ。ただ、奥が深いと言ってもインディケーターの設定をいじりたおすのはあんまり意味がないので、オススメしません。←一時期はまった経験アリ。それよりもトレードのウデを磨きましょう。

また、移動平均線はそれ単体でエントリーするのではなく、トレンドを押さえるための目安として使うこともできます。基本中の基本なので、しっかりマスターしてくださいね。

 


Comments are closed