FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

【FXはじめから物語】第9回 知ってた?正しいFX手法の検証のしかた

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
今日は、FXに欠かせない検証についてお話します。

そもそも検証って何するの?

イキナリ検証って言われても、
何から手をつけていいのかわからないですよねー。

検証とは、ズバリ、勝てる手法なのかどうか、確認する作業のことです。

なんのこっちゃ。
勝てるかどうかなんて、本当に分かるのー?

はい、はじめに正直に言っておくと・・・てるかどうかはわかりません
未来のことなんて誰にも分からないですからね。
この手法を使えば、間違いなく億万長者だ!
・・・な~んてことは、実はないんです。
夢を壊してゴメンナサイ。

ただ、過去の結果を分析して、未来の結果を想定することはできます。
ここに、検証をする意味があります。

たとえば、Aという手法は、過去10年間、年率10%で勝っている。
Bの手法は、過去10年間、年率2%で勝っている。

これらの結果から、今後も、BよりもAの手法の方が勝つ可能性が高い。
こんな感じで、より勝ちやすい手法を見つけるのが、検証作業です。

どうやって検証するの?

検証するべき項目は、3つあります。

トータル獲得pips

言葉のとおり、期間中に獲得したpipsをすべて足した数字です。
この数が多ければ多いほど、たくさん稼げる手法ということになります。

勝率

平均して、どれくらいの確率で勝てるのかを調べます。10回トレードして3回勝てるなら、勝率30%、10回中5回勝てるなら、勝率50%です。

ただし、勝率が高ければ高いほど勝ちやすいのかというと、そんなことはありません。利食い幅と、損切り幅によって、トータル獲得pipsが決まるからです。

たとえば、利食いが10pips、損切りが15pipsだとすると、損切りの方が大きいため、勝率50%では勝てません。でも、利食い幅が30pips、損切り10pipsなら、たとえ勝率が40%でも、利益を残すことができます。

最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、過去に最悪でどれだけ損を出したか、という意味です。
今までの損の合計ではないので注意!
ポイントは、連続してどれだけの損を出したか、です。

たとえば、同じ勝率40%でも、

○⇒×⇒○⇒×⇒○⇒×⇒×⇒○⇒×⇒×(最大で2回のドローダウン)
の場合と、

×⇒×⇒×⇒×⇒×⇒×⇒○⇒○⇒○⇒○(最大で6回のドローダウン)
の場合とでは、
途中の資金の減少が、3倍も変わることになりますね。

これを予め知っておくことで、資金管理の方法を考えたり、リスクを想定することができます。

面倒でついついおざなりになりがちな検証作業ですが、継続的に、安定して勝つためには、感覚ではなく、確率というリアルな数字がゼッタイに必要になりますから、検証は必ず行うようにしましょう。

また書きますねー。


Comments are closed