FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

猫でも分かるFXトレンドフォロー♪やさしいエントリーポイント

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
今日は、昨日の記事で【FXはじめから物語】第8回 猫でも分かる!やさしいトレード手法って?で書いた、トレンドフォローの具体的な入り方についてお話しします。

ちょうど今日の夕方、ドル円の5分足がトレンド中だったので、今日のチャートで説明しますねー!

↓2013年10月17日 ドル円5分足チャート
usdjpy_1017

下降トレンド中、ファンダメンタルも絡んでさらに急降下してますね。
トレンド中だから、どこで入っても取れるには取れるんですが、
まだ下がるのか、どこまで下がるのか・・・って、なかなか分からないんですよねー。

そこで、どうするのかというと・・・?

直近の高値と安値に注目

わかりやすくて、可能性が高い手法!それは・・・

上昇トレンドなら、直近の最高値を更新したらエントリー、
下降トレンドなら、直近の最安値を更新したらエントリー
そして、直近の高値(安値)を越えたら損切り。

わかりやすく、もう一度、今日のチャートで確認してみましょう(クリックで拡大します)。

usdjpy_1017_1

赤が直近の最安値。
ココがエントリーポイントになります。
越えたらショート(売り)でエントリーします。

そして・・・エントリー前の直近の高値(緑の線)を越えてしまったら損切り。

この場合、3つのエントリーポイントがありますが、
どの場所で入っても30~50pips取れてますね。

ちなみに、利食いは、好きなところでしちゃってOKですが、
ルールを決めるとすれば・・・

慎重にいくなら、ボリンジャーバンドの真ん中の線で、
もっと欲張るなら、+2σを越えてから利確するのがオススメ。

この方法のいいとこは、エントリー前に、損切りの位置(=直近の高値、緑の線ね)が確認できるため、損切りの幅が、40pipsとか50pipsとか、明らかに大きい場合はエントリーを見送ることができるとこ。

損切りが10pipsで、見込み(動きそうな幅)が30pips、なんて絶好のチャンスも来るので、そのときはぜひトライしてみてくださいねー♪
押し目買いや戻り売りだとちょっとコツがいるけど、これは簡単なのでオススメの方法です。

また書きます。


Comments are closed