FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXトレンドラインはどう引くの?

Posted in:

相場の流れのことをトレンドと呼びます。 上がっていく流れを上昇トレンド、下がっていく流れを下降トレンドと呼びます。 このトレンドを、一目でわかるように引いた線のことをトレンドラインといいます。

トレンドラインは進行方向から遠い方を結ぶ

上昇トレンドのとき:安値と安値を結ぶ(サポートライン)

下降トレンドのとき:高値と高値を結ぶ(レジスタンスライン)

ラインブレイクとは?

それまでのトレンドラインを無視して、トレンドを逆の動きをすることを、ラインブレイクといいます。 一度ラインブレイクが起こると、多くの市場参加者がつられて利益確定または損切りをするので、相場が一気に崩れやすくなります。流れが変わって反転したり、ボックス相場に入ったりします。

上昇トレンドのとき:サポートラインを下抜けた時

下降トレンドのとき:レジスタンスラインを上抜けた時

※ダマシに注意! ラインを確かにブレイクしたのに、前のトレンドが続くことがあります。その場合は、トレンドラインを引きなおす必要があります。

ブレイクの予兆、トライアングル(三角保ちあい)

サポートラインとレジスタンスラインを結ぶと、トライアングル(三角形)の形になることがあります。

レンジ相場で、高値と安値の幅がだんだん小さくなった時や、大きく見た時のトレンドと、小さく見た時のトレンドが逆方向の時によく現れます。このときの相場は、上にも下にも動けずにエネルギーがどんどん溜まっていく状態です。そんな中でラインブレイクが起こると、相場はここぞとばかりに大きく動きます。

アセンディング・トライアングル

レンジ相場(ボックス相場)で、安値が切り上がっている時は上昇トレンドの予兆である可能性が高いです。

ディセンディング・トライアングル

レンジ相場(ボックス相場)で、高値が切り下がっている時は下降トレンドの予兆である可能性が高いです。

レンジをブレイクしたあとは、レジスタンスがサポートに

レンジ相場(ボックス相場)をブレイクしたあとは、それまでのレジスタンスラインがサポートラインになる場合が多いです。トレンド発生後、違う価格帯で再びレンジ相場を形成します。


Comments are closed