FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

【FXはじめから物語】第5回 さぁ取引してみよう・・・あれれ?スプレッドって何?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
前回の第4回 まずは何を準備すればいい?では、
FXをするのに必要なものについてお話しましたね♪

今日は、いよいよトレードを始めるときのお話です!

あれ?値段がふたつあるよ?

さぁ、トレードしよう!と、
プライスボード(取引するときの値段が表示されるもの)を見ると・・・

spred

あれれ?値段が2つあります。
しかもビミョーにズレてる。
どっちがホントの値段なのー??

よく見てみると・・・左はBID、右はASKって書いてあります。

BID:売る値段
ASK:買う値段

つまり、ドルを売ろう(BID)と思ったら98.342円、
ドルを買おう(ASk)と思ったら 98.346円って意味なんです。

このときの、BIDとASKの価格差の0.004円のことを、スプレッドっていいます。

スプレッド=取引手数料

高く買って、安く売るようになってるってこと?
そんなのヒドイ!

・・・って思いません?笑

このスプレッド、一体なんなのかというと、
ズバリ、FX会社の手数料なんです。

ちなみに、昔は、FXをしようと思ったら、スプレッドとは別に、取引手数料がかかっていました。つまり、手数料が二重にかかってたんですね。

それが今では、取引手数料が無料のFX会社がほとんど。
『手数料は無料にしますから、その代わり、
一回取引したらスプレッド分はくださいね~』ってことです。

手数料といっても、この場合は0.004円、つまり0.4銭
ドル円なら、1万通貨(=1万ドル分の取引)で、40円です。
思ったより高くないでしょ?

ちなみに、
『BID(売値)とASK(買値)、どっちが高くて、どっちが安いんだっけ?』
って分からなくなったときは、

『誰だって、できるだけ安く買いたい、高く売りたい。
スプレッドはその逆!』って覚えましょう。笑

注意!スプレッドが広がる時間帯があります

スプレッドは小さいほどイイ!・・・えっ違うの?で書きましたが、
スプレッドは、時間帯によって広がることがあります。

重大な指標が発表されて、相場が大きく荒れているときや、
メンテナンス時間の早朝などがそう。

いつも通りだと思ってトレードしたら、スプレッドが全然ちがった!

・・・な~んてことにならないように、
プライスボードやチャートを見て、
きちんとスプレッドを確認してからトレードするようにしましょー。

さて、第五回まできて、着々とトレードの準備が進んできましたね。
次回、『第6回 もってるだけでお金が増えるスワップって?』で、通貨のお話をしたいと思います♪


Comments are closed