FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXではスプレッドは小さいほどイイ!・・・えっ違うの?

Posted in:

スプレッドとは、トレードするときの売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことでしたね。FX会社によって、ドル円なら0.4銭とか0.6銭とか、スプレッドが決まっています。スプレッドが小さいほうが、有利にトレードできるため、最近はどのFx会社もこぞってスプレッドを引き下げ、おトク感をアピールしていますね。

ちょっと待って、それ本当にスプレッド通り?

ところが、スプレッドの大きさだけでFX会社を決めてしまうのは、ちょっと待った!です。なぜなら、早朝や指標発表時など、時間帯によってスプレッドが大きく開いたり、約定がスベる業者も中にはあるからです。時間帯によるスプレッドの開きは仕方ないにしても、何でもないフツーの相場で約定がスベるのは、地味にツライものがあります。

実際、私が以前に使っていた業者ですが、IFO注文を入れておくと、エントリー時には滑らないのに、決済のときだけほぼ毎回滑ることがありました。それも一度や二度ではありません。もちろん、毎回決済時に決まって相場が荒れていた(=滑りやすい相場だった)なんてこともありません。利益が出ている時には利益が減り、損切りの場合は損が増えて、意図したレートよりも大きくマイナスになって決済される・・・。デイトレやスキャルピングの場合、この『ちょっと』が命取りになります。苦肉の策としてスリッページを設定するも、案の定、今度は約定自体できない!なんてこともあったので、結局そのFX会社は利用しなくなってしまいましたが・・・。

スプレッドがアテにならない?どうすればいいの?

だったらデモトレードで試してから口座を作ればよかったじゃん!なんて思うかもしれません。でもね、断言できますが、どのFX会社もデモトレードでは絶対に滑りません。笑 私がデモだけじゃ上手くなれない!と口を酸っぱくして言うのには、こういう理由もあるんです。デモでは滑らなかったのに、実際のトレードでは滑る。それも、自分が想定できないところで滑る。←相場自体が荒れている(=動きが激しい)時は、当然約定も滑りやすくなりますが、荒れていないからといって滑らないというワケではありません。

こればっかりは、実際にそのFX会社で取引してみないとわからないのです。その一件以来、使ったことのないFX会社でトレードするときには、必ずはじめに最小ロットで約定具合を確認してから、本トレードをするようになりました。業者によって約定感が異なるので、いくつかの業者できちんと確認してから使うことをオススメします。スプレッドの小さいFX会社一社だけでトレードするのは、意外にもキケンなのですよん。


Comments are closed