FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

FXで勝つためにはどれくらい勉強すればいいの?

Posted in:

どれくらい勉強すればいいの? FXを始める前の素朴なギモンにお答えします。

FXで勝ち続けるには勉強を続けること

そもそも、FXのための勉強って、何のこと? テクニカルの仕組み? ファンダメンンタル(経済指標やニュース)? 資金管理? 手法の研究?

05

さてさて・・・答えは、もちろん全部です。

世界経済は日々、めまぐるしく変わります。FXで勝つためには、情報が少しでも多ければ多いほど有利です。実際、プロトレーダーは、5つも6つもあるモニターとにらみ合いながら、24時間取引しているわけですが、チャートと同時に、常に最新の経済ニュースを流して、ニュースが目に飛び込んできたその一瞬で状況を判断し、次の瞬間の値動きを想定しています。

ただ、情報があるほど有利とはいえ、初心者がいきなりここまでできるようになる必要はありません。大切なのは、どんなにトレードに慣れてきても、勉強を続けようとする姿勢です。

長くFXを続けていれば、もっている知識はどんどん増えていきます。知っていることが増え、知らないことは減っていくわけです。すると『FXのことなんて、今さら勉強しなくてもよく分かっている』『ああ、それはつまり○○のことか』と、学ぶことを自らシャットアウトするようになります。

しかし、日々新しい情報が更新される中で、自分だけ勉強をしていなければ、時代の動きに取り残されて、やがて市場についていけなくなります。この世界では、驚くほど儲かっていたトレーダーが、ある日突然姿を消してしまうことがありますが、おそらく、使っていた手法が古くなり、時代に合わなくなったにも関わらず、勉強や努力を怠って勝てなくなったのでしょう。

トレードするためだけの知識なら1ヶ月で十分

そもそも、FXでトレードをするための知識だけなら、誰でもすぐに身につけることができます。基本的な指標の見方やトレード方法など、本を読むなり、FX関連のサイトを見るなりして真剣に取り組めば、1ヶ月もあれば十分でしょう。

実際、私もFXを始めたばかりの頃は、ネットやFX関連の本を読み漁り、市場の仕組みや、トレード心理、主要なファンダメンタルテクニカルなど、FXの基本知識をひたすら詰め込みました。すると、初めてチャートを見たときにはちんぷんかんぷんだったのが、やがて動きの意味が分かるようになり、1ヵ月後にはスムーズに実際の取引を始めることができました。

しつこいようですが、大切なのは、FXにどれだけ情熱を注ぎ、努力できるか。どんなに勝てるトレーダーでもこれは変わりません。忘れずに覚えておいてくださいね。


Comments are closed