FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

あなたにはどの時間帯が合ってる?知っておきたいFXトレード時間

Posted in:

「FXを始めてみよう!好きな時間にできるんだよね。今ちょうど時間あるし、ちょっとやってみようかな…」ちょっと待った!FXには、時間帯ごとに値動きのクセがあること、知ってましたか?

024

時間帯ごとのクセを知る

FXは、24時間いつでも取引することができます。なぜなら、平日は、24時間常に世界のどこかで市場が開いているからです。たとえば、午前9時から東京市場、16時からヨーロッパ市場、21時からニューヨーク市場がオープンします。そして、市場ごとに参加者の性質や数が異なるため、時間帯によって、相場の値動きにも特徴があります。

オセアニア市場

早朝5時からスタートする、ニュージーランドやオーストラリアの市場のことを指します。この時間帯は、ニューヨーク市場がクローズ間際ということもあり、市場参加者が極端に少ないため、値動きは小幅で、ちょっとしたきっかけで値が大きく飛びやすいという特徴があります。

東京市場

午前9時から始まる東京の市場です。東京株式市場の動きや、日銀総裁の発言等に影響を受けることもありますが、基本的に値動きは慎重で、方向性が決まると、一方向に素直に動きやすいです。

ヨーロッパ市場

16時に開くヨーロッパの市場です。オープンと同時に大口の注文が入ることが多い15時~17時の間は、比較的値が大きく飛びやすいです。また、18時を過ぎるとニューヨーク市場が始まるまでのつなぎ、様子見として、値動きが落ち着いてくる傾向があります。

ニューヨーク市場

ファンダメンタルによって影響を受けやすく、1日の中で最もダイナミックに動きます。大きく動く分、値動きのコツさえ掴めば、利益を出しやすい市場でもあります(その分リスク管理も大事)。

私の場合は、ユーロドルをメインで取引していることもあり、ニューヨーク市場でのトレードが多いですが、デイトレや、数日間のトレード(スイングトレード)を行う場合は、それぞれの値動きの特徴を考慮しながらトレードしています。

慎重派の人は東京市場、リスクを取れる人はニューヨーク市場と、トレードの仕方や性格によって、人それぞれ向き不向きがあるので、まずは、それぞれの時間帯のチャートをよく見て、クセを掴むようにしましょう。


Comments are closed