FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

このFX手法、使えない!と判断する3つのポイント

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
私はトレードがもちろん好きですが、新しい手法を考えたり、試したりするのも大好きです。今までは『必要なことなんだからやって当然だよなー』くらいにしか思っていませんでしたが、どこをどうしたらもっと精度が上がるのか?とロジックを考えたり、試行錯誤することを、以外にとても楽しく感じていることに最近気づきました。

でも、どんなに時間をかけても『ダメだこりゃ・・・』という手法も中にはあります。どんなに磨いても使えるようにならないであろう手法・・・そんなときはスパッとあきらめて次へ行きましょう。今日は、イマイチな手法と出会ったとき、どこまで頑張って、どこであきらめているのか、基準をまとめてみました。

1.自分に合っていない

せっかちな性格な人がひたすら待つ手法を使ったり、じっくり考えたいタイプの人が一瞬で判断しなければならない手法を使っても、だんだん精神的に無理が生じてきます。自分の不得意な部分を直すこともたしかに大事ですが、FXは長期戦なので、自分の得意な分野で攻める方が楽です。トレードしていて違和感や嫌悪感を感じるようなら、あなたに合っていないということかもしれません。

2.20回以上試してもプラスになる見込みがない

エントリーや決済のタイミングを調整すればなんとかなりそうな手法は、引続き試行錯誤を続けます。でも、20回以上試してみて、それでも明らかに見込みがなさそうなら、その手法は捨てます。たとえば、エントリーや決済のタイミングを改善して、つまりタイミングを直して再計算してもトータルでプラスにならない場合は、ちょっと使えない可能性が高いです。

ちなみに、ここで大事なのがタイミングの再計算の方法。チャートをあとから見返して『ココをこうすればよかった』という風に考えてはダメです。トレード時とまったく同じ条件で、それでも直せるかどうか?を基準に考えます。トレードしている瞬間の情報量と、あとからチャートを見返したときの情報量は全然違います。チャートを見返したときの情報量でタイミング調整してしまうと、どんな手法でも勝てる手法になってしまうので、この点は注意が必要です。

3.再現性がない

FX手法は、誰かに教える場合を除けば、自分ひとりに再現性があれば十分です。トレードするのは自分ですから、自分が分かっていればOKなわけです。ところが、自分でさえ再現ができない手法は、残念ながら検証ができません。

たとえば、すごくうまくいったトレードがあると、それをなんとか手法化したい!と思うものですが、なかなか手法化できないこともあります。その原因は、トレードにこの再現性がないからです。あとから『どのタイミングでエントリーしたんだっけ?』と思い返してみて、共通点が少ない手法、また、共通点は多いんだけど、トレード中の相場の動きに共通点がない手法は、どんなに研究しても再現性が確保できないので、あきらめます。

うまく使いこなせるようになるまで練習することがもちろん大事ですが、見込みのない手法をいつまでも続けるのは、はっきり言って時間の無駄というものです。あとから瞬間瞬間の情報を整理してみて、タイミング次第でうまくいきそうな手法だけを、引続き育てるようにしましょう。


Comments are closed