FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

損失を減らせば成績は上がる!同値撤退のコツ

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
利益確定の記事で同値撤退(どうちてったい)に少し触れましたが、今日は同値撤退について、もう少し詳しいお話をしてみます。

同値撤退とは?

私が少しでもトレード成績を上げようと奮闘する中で、いつからかこだわり始めたのが同値撤退。同値撤退とは、読んで字の如く、エントリーした値段と同じ値段で撤退すること、つまりプラスマイナスゼロの決済のことです。

どんなにエントリーの精度が高くても、勝率を100%にすることは出来ません。相場は常に、自分が意図しない、想定不可能な可能性をはらんでいます。そこで、何が大事かというと、もちろん利益を伸ばすことも大事なのですが、それ以上に重要なのが、損を小さくすること。損を小さくすることと、利益を伸ばすことは、トータルで考えれば同ようなものなので、『それなら、徹底的に損を小さくしよう!』と損失の幅を小さくすることにこだわった理想の形が、同値撤退です。

利益でも、損でもない!?同値撤退のコツ

FXにはスプレッドがあるので、最初はすべてのトレードがマイナスからのスタートです。つまり、同値撤退と言っても、厳密にはプラス方向に動いたトレード。でも、かといって利益が出ているわけでもないので、損を抑えた負けトレード、という位置づけです。(←約定時のスベリを考慮しても、+5pips未満は、私の中では負けトレードと同じ感覚です。)

同値撤退の方法としては・・・感覚的な部分があるので文章では表現しにくいのですが・・・スキャルピングの場合は、『思ったように動かない!』『なんかいつもと動き方が違う』というイヤな感じがする中、案の定、伸びかけた利益が減って、エントリー時の値段に戻ってきてしまったら⇒同値撤退。もう少し長いデイトレの場合は、『想定と違う動き方をしてしまったが、同値までは戻る可能性が高い』と判断した場合は、戻ってくるまでガマンしてから⇒同値撤退、というパターンが多いです。

念のため言っておくと、この『○○までは戻る可能性が高い』というのは、始めからいきなり分かるものではないので、慣れるまでは『きっちりここで損切り』というルールをちゃんと守ったほうが良いと思います。

でも、コツさえ掴めば、損を小さく抑える方法として、この同値撤退ができると強い。たとえば、私はたった+5pipsのために、-30pipis以上の含み損に耐えることもありますが、それはもちろん『戻ってくる』と確信する根拠があるから。ただ、むやみにやると塩漬けになりかねない方法でも、場合によっては強い武器になる、という意味で、相場観ってホントに大事だと思います。


Comments are closed