FX女子“このは”の初歩からやさしいFX手法

*

性格・経験別!FXチャートで見るべき時間軸は?

Posted in:

こんにちは、FX女子の“このは”です。
FXマルチタイムフレームの記事で、FXでは異なる時間軸を同時に見るといい、と書きましたが、トレードしていると、『どの時間軸をメインにトレードするのが、自分に合っているんだろう?』と、疑問に思うこともありますよね。そこで、FX経験や性格、資産状況別に、オススメの時間軸をまとめてみました。

FX初心者なら、まずは1時間足で

『FXを始めたばかりだし、さまざまな要素をきちんと踏まえて、じっくり相場を判断したい!』そんな方は、まずは1時間足上でトレードすることをオススメします。

1時間足上でトレードするなら、ポジションを持っている時間は数時間~数日で、デイトレか2日前後のスイングになると思うので、取引を判断するまでの時間的猶予が比較的大きいです。また、5分足のみのトレードと比べて、参考にできる情報量も増えるので、トレードしやすいはずです。(5分足をメインの時間軸として使う場合、ファンダメンタルなどの情報が揃わないうちに、エントリーや決済の判断を迫られることも中にはあります。)

損切り幅は20~50pipisほど見る必要がありますが、まずは小さなロット数で1時間足の時間軸ででトレードして、慣れたら次に他の時間軸に移るといいと思います。

せっかちタイプ、または小額資金で始める場合は5分足

私はこの5分足を時間軸にしてトレードすることが多いです。せっかちな性格なので、なるべく早く結果が知りたいですし、相場の穴をつつくような、いわゆる勝ち逃げ的なトレード手法も、短い時間軸の方がやりやすいので・・・。(←コレに関しては別記事で詳しく書きます。)

また、5分足上でトレードする場合は、損切り幅を5~25pips程度に抑えることもできるので、『小額資金で始めたから、あまり大きな含み損には耐えられない!』という場合にも便利な時間軸です。順序的には、1時間足でトレードして、慣れたら5分足、というのがいいと思います。

エントリー精度が高く、回数を稼ぎたい人は1分足

私も相場によって時々使いますが、1分足を時間軸にしたトレード・・・これ、ハッキリ言って難しいです・・・。笑 たとえば、インジケーターを使ってトレードする場合、インジケーターのサインが出るか出ないかのタイミング、むしろまだ出ていないけど、おそらく出るだろう、くらいのタイミングで、高速で判断していかないと、あっという間にヤラれます。だって、1時間足と比べたら、判断するのに許される時間が単純に60分の1しかないわけで、当然その分スピードが求められるわけです。エントリー回数が増える分、上達スピードは速いかもしれませんが、あまりオススメはしないですね・・・笑

使う手法にもよりますが、私の場合、1時間足を時間軸にしたトレードだと1日に1回程度、5分足なら数回、1分足なら数十回エントリーポイントがあります。また、書きませんでしたが、資金的に余裕のある方は、4時間足日足を使った、中期~長期トレードもオススメです。『どこまで伸びるかな~♪』という感覚で、私もいくつか長期ポジションを持っていますが、ワクワク感があって楽しいです。(←もちろん、見立てに根拠があってエントリーしていますが)

自分の性格やレベルに合わせて、好きな時間軸や時間帯でトレードできるのもFXの大きな魅力の1つです。ぜひ自分にピッタリの時間軸を見つけてください。


Comments are closed